夫がEDになりセックスレスが続いている結婚10年目の妻の悩み

ショック

私たち夫婦は、25歳の時に結婚をした高校時代の同級生でした。
25歳で結婚をしたのですが、まだお互いに若かったこともあり仕事を続けていきたいという意思を確認できたことから、共働きでとにかく貯金が500万円貯まるまではお互いに仕事を続けようと約束をして結婚生活を始めました。

始まった結婚生活

結婚

もちろん、結婚生活はお金を稼ぐためだけのものではないので夫婦に営みもしっかりとありました。そんな彼とも約束の金額が達成できそろそろ子供を作る?と私から話をしたのが29歳の時でした。というのも女性は30歳になると妊娠率が下がると言われていることを聞いたことがあり私もさすがに30歳で子供がいないまま迎えるのは体のことも将来のことも考えると不安がありました。

夫もそろそろ子供が欲しいなと言ってくれていたので、今回も意見があったことをきっかけに子作りを始めることにしました。まず私は、子作りに専念するために食事内容を見直し、葉酸やカルシム、鉄分など妊娠に必要な栄養素を補充する食生活を取り入れることにしました。また、ストレスを溜めないためにも仕事に一度区切りをつけて子供を妊娠しやすい環境に身を置くことを提案し、夫の了承を得て仕事も退職することにしました。

身の回りの環境においてはいつでも妊娠が発覚した時しても問題がないように整備しました。あとは子供ができるのを待つだけというタイミングになってから、夫が頻繁に夫婦の営みを断るようになりました。何かにつけて「仕事で疲れたから今日は寝たい」という言葉を口にするようになりました。最初の頃は大目に見ていましたが、いつも次第に誘ってくることも無くなり、まるで関心がなくなったかのような態度をとるようになりました。以来、いつも誘うのは私からになっていき夫も乗り気ではないのがバレバレという態度でことを終えるということが続きました。

夫がEDに

ショック

するとある日、夫と夫婦の営みをしている時に途中で勃起しなくなることがありました。たまたま相性が今日は悪かっただけかと思っていたのですが、以来、夫はますますせい行為を拒むようになりました。繊細な部分を聞くことになるのであまり夫にプレッシャーをかけないように配慮をしながら何気なくその気にさせて再度別の日にトライをして見たところ勃起すらしない事態に陥っていました。

もしかしてうちの夫はEDになったのでは?と心配になりましたが、夫が拗ねてそのまま寝てしまったので何も話し合いができずにその日の夜も過ぎていきました。以来、夫との会話は険悪なムードになり、ろくな話し合いもできないまま時間だけが過ぎていきました。妊娠をせずに30歳を過ぎ、セックスレスの日々も増えていきました。相変わらず誘うのは私からで一向に自分からアクションを起こさない夫にも次第に我慢の限界が訪れようとしていました。そんな夫も限界を感じていた様子で、「自分がEDになったかもしれないと分かっている。なんとかしたいと思っているからそっとしておいてくれ」と言い放つようになりました。

その後、夫は精力剤を飲むようになったり、医師に相談するようになるなど自分なり解決しようと取り組んでいる様子は見て取れましたが、なかなか症状は改善せずにズルズルと月日が経過している状態です。いつ治るというのが決めづらい症状であるのは承知の上ですが、私としても女性のリミットがあるため、いつまでも待ってはいられない状況にありました。とにかく私から必要以上に誘うことはやめて、夫から自然と流れに身を任せてみようと決心をして夫に主導権を握らせることに今はしています。

夫は、挿入することはできないという日には、私をハグするなど別の形でスキンシップをとってくれるようになったので以前のような冷たさを感じるような態度がなくなったことだけでも私にとってはとっては大きな改善点でした。早く夫と夫婦の営みが送られるように、そして妊娠する日が来ることを祈って支えていきたいと思っています。

今はEDのお薬というサイトから治療薬を購入して夫婦生活の営みは出来るようになっています。

自然になおるといいなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です